The Tolkien Society(英国トールキン協会)の日本のスミアルです。協会誌の翻訳紹介などをしています。
by smialjapan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Well met indeed!
Google グループ
Cuiviénen
クウィヴィエーネン
このグループにアクセス

クウィヴィエーネンはGoogleグループを利用しています。上記のリンクからどうぞ!

「指輪物語」「シルマリル」「終わらざりし物語」などトールキン作品が好きな方、興味がある方、お気軽にどうぞ。お待ちしています。(2007-11-07)


[The Return of the Ring]
 2012年8月16日~20日
Loughborough University
トールキン協会のイベント
イギリストールキン協会

『LINK集』
@クィヴィエーネン
@The Tolkien Society
@スペインテーマパーク企画
@Hobbit House of Montana
@The Hobbit Pub
@評論社
@岩波書店
@Tolkien.co.uk
@Houghton Mifflin
@The One Ring Net

カテゴリ
新着情報/お知らせ
UK協会関係情報
オフ会/イベント
潜入レポート
その他
English
お問い合せ
Googleグループの利用について
クウィヴィエーネンについて
このブログについて
以前の記事
2014年 09月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
more...
最新のトラックバック
Born of hope
from foggyな読書
関西エルフ語
from アイスランドと中世北欧・英国物語
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ここは日本のスミアル「クウィヴィエーネン」のブログです。
初めての方は「クウィヴィエーネンについて」をご覧ください。
中つ国お料理会&歓迎会
kwanさんから一部訂正が入りました~。
関西が亜熱帯化する時候のちょい手前、小雨模様なのに
蒸し暑い梅雨空のもと、門戸厄神駅に午後3時頃に到着。
ちょっと遅くなったかと焦り気味に、
WEBサイト地図で確認したはずの場所をうろうろ、
一人で来るのは初めてとはいえ三度目の来店なのに。
リニューアルしたファサードを通り過ぎて付近をぐるっと
一周してしまったのは、わたしの方向音痴のせい(だけ)ではなく!
新ドアに、間抜けでがさつな「大きい人」を惑わせる魔法が
かかっていたからに違いありません。
きっと。たぶん。おそらく……^_^;
f0137498_19222361.jpg

これがリニューアルなったばかりの喫茶「GANDALF」のファサード/ドア。

 決して大きくはない植木に溶け込んだ緑のドア。
そして袋小路屋敷をイメージしたという丸ドア、
いい感じですね(^^) フェイクで開けられないと
GANDALFさんは主張してらっしゃいますが、
ぢつは「大きい人」には開けられない魔法をかけてあるだけで
ホビットなら出入りできるに違いありません。
……と見抜いたかどうか、さっそくやんちゃな高校生が
取っ手(丸ドアの方の)をぐいぐいひっぱってたとか。
接着だけにしようとした大工さんに鉄板貫かせて固定させた
GANDALFさんの先見はさすが。

なんとかたどりついた報告者を暖かく迎えてくださったのは
GANDALFさんと唯一時間通りに来られていた、ちゃこさん。
さっそくいただいたのが噂のジュース「クウィヴィエーネン」!
f0137498_19224599.jpg

 ぢつは出していただいてすぐのを最後に至るまで
撮り損ねてしまってます。本来はジュースがグラスの縁近くまで
入っていると思ってください。なにしろ蒸し暑い日でしたから、
到着なさった方にGANDALFさんがまっさきにお奨めするこれを
皆さんくいっとやってしまってから「しまった、また撮り損ねた!」
……(;_;)(;_;)

 野性的な酸味と爽やかな甘味。刻み入れられている
リンゴと桃が歯ごたえと甘酸っぱさの和音を奏でてくれる美味。
しかし本来のレシピよりはずいぶんとシロップ控えめにしたそうで
「レシピそのままでなくてよかった……」がほぼ全員の感想。
ちなみにレシピ本の著者はやっぱりというか、アメリカの方だそうです。

 四方山雑談しているうちにいよいよ香港からのお客さま
(所属スミアルは台湾スミアル)ご到着。
 その名も関(Kwan)さん。かの美鬚公を思わせるそのお名前に
ふさわしき勇姿はトム・ボンバディルか「木の人」かてふ雲つく体躯にて、
氏が入店するやいなや店内の容積が半減したかと思われたほど、
というのは大嘘。本当は小柄で温厚な、独特の飄々とした
雰囲気をお持ちの、敢えていうなら「怪・力・乱・神 クワン」BY志水アキ 
の主人公(マイナーな漫画ですみません。こちらのクワンは
記憶を喪った少年態ですがぢつは渾沌の申し子)を連想させる方でした。

 而してその実態は、下記のようなイラストを描く方だったのでした!
f0137498_19275919.jpg

いかなる星の導きかはたまた闇の陥穽か、「旅の仲間」が
OSAKAは「道頓堀」に迷い込んでしまった……という設定。
ちなみに、アラゴルンの隣はセイバー(FATE/STAYNIGHTのヒロイン、
ぢつはアーサー王は女性という設定の話でして^_^;)
(のコスプレイヤー)。その下、ボロミアが目をハートにしているのは
メイドカフェのメイドさんだそうです。
状況に真面目に悩んでいるのがガンダルフだけ
というのがいかにもで……^_^;^_^;
f0137498_19245688.jpg

バタパー・ヒゲオヤジヴァージョン。関(Kwan)さんは
手塚ファンでもあり、二年前に来日したおりには宝塚市にある
手塚治虫記念館にも行かれたそうです。
ところでフロドはカイジ(福本伸行の漫画)風なのかな?
6/20はなんとなく聞きそびれてしまったのですが。
なおこの写真ではちょい判りにくいですが足はきっちり裸足です。

 今回の来日も、そちら系のイベント(日付からするとインテックス大阪の?)
への参加が大きな目的だったそうです。
和歌山電鐵のたま駅長にも会ってきた、とか。
かくしてデジカメに写った凛々しいたま駅長の姿がしばし
喫茶GANDALFを席巻したのでした。
 やがて関西乗り手の例会常連の○浦女史も到着、そこそこに
人数が揃ったところで乾杯となりました。
上記イラストの喫茶GANDALFへの贈呈式もにぎにぎしく、
酒池肉林もそろそろ本番……。

f0137498_19262380.jpg

右手前が関(Kwan)さんの香港土産。パリパリサクサク系の
洋風ロールクッキーに、塩味の海苔!を巻いてあるのが
香港風ミスマッチ?癖になる珍味でした。
左奧から二番目の赤ワイン(○浦さんの差し入れ)は映画の
ロケ地にちなんでニュージーランド産。

f0137498_19293354.jpg

日本酒は神戸酒心館の「福禄寿」、報告者の近所の店で
吟醸生原酒を特製タンクで保存したものを昼過ぎに瓶詰めして
貰ったばかりですが、その際にラベルを書いてくれるサービスが
あるのです(^^)。しかし蒸し暑かった当日は、
○浦さんのひんやり甘酸っぱいレモンゼリーの方が
受けてたかな。


f0137498_19311227.jpg

そして左手前こそがビフールゆかりのアップルクランブルタルト。
サクサク美味だけどカロリーは……
ビフール体型を量産しそうな^_^;^_^;
右手前は○浦さん持参のライ麦100%パン。世間で売られている
ライ麦「入り」パンとはかなり違う、独特の香ばしさとモチモチの中に
粗い粒が混じる歯触りで、真っ黒。加熱してクリームチーズや
これまた○浦さん持参の樫の蜂蜜をつけるとたいそう美味。

 関(Kwan)さんが持ってきてくださった、ミュージカル版LOTRの
音楽CDを聴きつつパンフレットを回し見(ゴクリがかっこよすぎるとか
竹馬で表現したエントに品格あって佳いとか「白い手」のデザインが
秀逸とか高貴というより妖艶なガラドリエルに?……てとこでしたっけ)
るうちに「ホビットの冒険」映画化の話(二部構成・二部目がオリジナル
という昨年発表の構想変わってオリジナル部分を挿入しつつホビット本編を
前後編でなりそう)とか、LOTRの漢訳版の話に。

 そこで湧いた質問が、「固有名詞はどうなってるの?」
関(Kwan)さんが記憶を頼りに固有名詞を書き出してくださいました。

たとえばフロドは、台湾版が佛羅多、中国本土版が弗拉多。
ガンダルフは、台湾版が甘道夫、中国版が剛多*夫。(*は弥の右半分)
サムの台湾版は山姆。ゴラムの台湾版は古魯、中国版は古魯姆。

そう、中国本土版と台湾版では字がけっこう違うのです。
また同じ本土版や台湾版でも、固有名詞については
本毎(訳者毎?)にけっこう違うそうです。

いずれにせよ、単純に置き換えているのではなく、
イメージをも勘案しているようですね。そういえば万葉仮名も
しばしばそういう工夫が加えられていたそうです。

文末に、関(Kwan)さんがかいてくださった漢訳固有名詞の
一覧を載せておきました。また、「一つの指輪」に刻まれた
あの詩を関(Kwan)さんが七言絶句風に翻訳なさったものも
載せました。ぜひご覧下さい。

関(Kwan)さんとの意志疎通全般においても、英語力
(とくにヒアリング/会話力)におおいに問題ありのわたしにとっては、
しばしば漢字筆談が(英語筆談以上に)助けになりました。
東アジアにおける漢字は欧米におけるラテン語に相応する
共通語だと改めて痛感させられました……。

午後7時前、夏至間近な頃とてまだ日が落ちる前に、
定時で職場を退出し駆けつけた竪琴の姫こと□松さんが到着
(ただし職場直帰のためハープは無し)。ますます歓談が
弾んだのですが、アルコールが灰色の脳細胞に浸透するに伴い
そろそろ記憶も乏しくなってます。まぁここまでに述べた話題も、
夜の部に出た内容をも混ぜてしまってますんですがね……

 さらに7時過ぎ、「サムが好き」さん、Elfarranさんが相次いで到着、
どしゃめしゃの大宴会になるに至ってはもはや、
二等身マンドス本が大人気だったことくらいしか覚えていません。
よろしければどなたか補足してやってくださいませ……

f0137498_1933489.jpg

これが当日飛び交った「指輪本」のなかで
ダントツ一番人気の二等身マンドス本。
 二等身フェアノール(ほか、かのご一家)がいじられまくってまして、
□松さんがタタリに脅えておりました……。
「宝玉戦争再びとか?」
「ミサイルや核みたいな無粋なものとは無縁でしょうけど……」

 ここにきて「サムが好き」さん、Elfarranさんの差し入れが
どっさりと。ホビットの「二度目のディナー」ですね(^^)
若い頃ならご馳走を残さないことにあれほど苦労しないで済んだんですが。

 ふと気付けば夜も更けてもはや10時前。
美味と酒精で微睡みかける心身を喫茶GANDALFの超美味珈琲で
なんとかたたき起こして解散。じつにもう愉しい半日でございました。

 関(Kwan)さん、GANDALFさん、ありがとうございました。
参加者の皆々様、美味の数々、差し入れ有り難うございました。
前回(エルフ語講座報告)に引き続いての遅筆っぷり、どうか
ご容赦いただき、今後ともお見捨てなくお付き合い下さいませ。


(文責:関西白の飲み手さん)



 台湾    中国

フロド    佛羅多 弗拉多
サム  山姆    山姆
ガンダルフ 甘道夫   剛多*夫
アラゴルン 亞拉岡   阿拉貢
メリー   梅里    梅利
ピピン   皮聘    皮平
ゴラム   古魯    古魯姆
スメアゴル 史麦戈 斯美阿戈*
ギムリ  金へんに靂 吉穆利
レゴラス  勒苟拉斯  ?戈拉斯
ガラドリエル 凱蘭崔爾 蓋拉徳麗*
ボロミア 波羅莫   博羅米爾
サルマン  薩魯蔓   薩茹蔓
サウロン 索倫    索隆      
バタパー  #油伯   牛蒡脂
ホビット  哈比人 霍比特人
*kwanさんは「何佖人」が良いと思ってらっしゃるそうです。
トールキン 托爾金    托爾金     

?:メモに記述無し。時間を掛ければ喫茶GANDALFにある
中国語版にて調べられるか。

当日も中国版の綴りについては関さんがしばしばそれで
確認してらっしゃいました。
(忘):台湾語については関さんの記憶頼りなので……。
*:弥の右半分
#:女へんにおおざと

☆スメアゴル・中国語表記の二文字目は、
 正確にいうと上半分は「来」の旧字体の上半分のように、
 「十字の両脇下におのおの人」だった。

☆ガラドリエル・台湾語表記の三文字目は
 旧字体で書かれていたが、
 文字化けしやすいので新字体にしてある。
 なお元のメモではつくりの中央部分は「目の横倒し」
 でなく「日」だった。速記的省略と解釈したが、
 実はそういう別字があるのかもしれない。

<関さんの訳語案:イメージ/意味重視ですね。
 次の七言絶句風もそうですが>

サウロン  修羅
トールキン 杜傑恩
マンドス  冥都斯
High elf  上仙 一般的な漢訳では「高等精霊」とされているそうです。

<一つの指輪に刻まれた詩>
天下仙王三指環
石殿矮王七指環
必魔影籠罩魔都內
魔影籠罩魔都內
陰座魔主無雙環
無雙主宰尋眾環
無雙招聚眾環歸
綑綁眾環陷黑暗

%:糸へんに「困」
☆4行目/8行目の4文字目の下半分は、
正確には「早」ではなく「卓」が使われていたが、
フォントがなかったので代用した。
字義は同じと思われる。

仙:elf
矮:dwarf
必死凡人:Motal man
魔都:Mordor

☆七言律詩の形式(8行)にあわせたため、原詩の6~7行目を6行目
にまとめる等の意訳がある。また、押韻については律詩としては
不十分になってしまったそうだ。

校正漏れ一件、すみません。レゴラス(中国語版)の1文字目は
「くさかんむりの下に「来」の旧字体」です。
[PR]
by smialjapan | 2009-07-20 11:44 | オフ会/イベント
<< OXONMOOT2009 関西例会 >>